ポスティングや看板制作でイメージアップ|ビジネス支援最適広告

新聞広告とは違う

新聞折り込みとは違う

看板

一般大衆に向けて広告や宣伝をする時に、現在ではインターネットサービスやテレビCMを利用して広告をするのが一般的となっています。スマホやパソコンの普及によって、デジタル広告の需要はかなり高くなってきていると言えるでしょう。しかし、その中で、昔も今も変わらず行なわれている広告もあります。チラシや冊子のポスティングです。チラシ制作の場合、新聞折り込みとして制作する企業も多いですが、新聞折り込みの場合、広告媒体はチラシに限られるうえ、新聞を購読している家庭にしか広告をすることができません。それに対して、ポスティングであれば、チラシや冊子、カタログやパンフレットなど、あらゆる媒体を一戸建てやマンション、アパートと、建物関係無く広告をすることができるのです。しっかりと制作した冊子などを多くの人にみてもらう為にも、ポスティングサービス会社などに依頼するのが良いでしょう。

閲覧率が高い

ポスティングの場合、新聞折り込みに比べると閲覧率が極めて高いのが特徴です。新聞折り込みチラシであれば、ひと目見て廃棄する家庭も多くあります。それに対してポスティングでは、試供品やパンフレットなど、カラーの紙媒体やグッズを活用することが多いので、多くの人の目に止まるのです。基本的に新聞折り込みチラシよりは高くなってしまいますが、反響率の面であれば、ポスティングの方が高いと言えるでしょう。また、新聞広告であれば競合他社と広告をするタイミングがバッティングしてしまう場合もあります。それに対してポスティングであれば、競合他社のタイミングを事前に知って、それを回避するタイミングでポスティングできるのが魅力でもあります。ポスティングに限らずどの広告にしても、メリットとデメリットはあるので、事業内容に合う合わないを考えたうえで活用していくことが大切です。